車一括査定サイトはおすすめです!

こんにちは、岡山の尾崎です。先日「アメトーーク」で岡山盛り上げよう芸人が放送されましたね!鷲羽山ハイランドのスカイサイクルは確かに怖いですよね。小学生のときジェットコースターに乗ったらベルトが壊れていたこと思い出しました。

車の話ですが、昨今では売り手自身が買取店に出向くというより、オンライン査定を通じて、そこに業者登録している業者から見積もりを示してもらうというやり方が一般化してきているようです。

車の売却を考え中という方にとりましては、「自分と同じ車がどれほどの値で売却されているのか?」というような、売るつもりの車の査定額の相場に関心がありますよね。名の知れた車買取店においては、残債が残っている車を売るという様な場合でも、無駄な心配などすることなく、すんなりと売買契約を締結できるようなサービスが確立されています。

オンライン査定などと聞くと、「大変そう」みたいなイメージを抱かれる人もいると思いますが、実際は車の今の状態に関してのごくごくやさしい設問を埋めていくだけというものです。

車の出張買取を依頼すると、買い手業者が指示されたところに来て、車の買取価格を提示してくれます。売り手側は出された見積価格を見てから、手放すか否かを決めるのみなのです。買い手企業は、買い入れた車をオークションに出品して利を得ています。そういう理由から、オークションでいくらで売れるかを調査してから、購入対象車の買取価格を出してくるのです。

ネットを介した車一括査定サイトは何個かあるのですが、登録している買取業者が同じではないというケースがあります。ですので、精一杯高く売るためにも、複数の車一括査定サイトの利用するのもいいかもしれませんね。

車を高く売るコツは?

こんにちは、岡山の尾崎です。

さくさくぱんだってお菓子知ってます?パンダの形のチョコビスケットで、一時期、女子高生を中心に爆発的に人気出たんですよ。そのさくさくぱんだを製造しているのが岡山県にある企業カバヤなんです!岡山の誇りです!ちなみに、プリンとか牛乳とか販売しているオハヨーも岡山県の企業です!岡山県2大企業です!

あとは、岡山県内には店名とかに桃太郎が付くものが多いです。ももたろうの屋台、ももたろうクリニック、桃太郎部品、ももたろう自動車学校などなど。私が働いているところはももたろう自動車学校ではないですけど!

さて、車の話ですが、車を高く売るコツをご紹介します。車の査定の際には、走行距離や年式、そして人気のカラーなどが重要なチェック項目となりますが、もう一つ忘れ てはならないのが、内外装です。

外装・内装の状態は、そのクルマが大切に扱われていたかどうかを判断する重要な 基準になります。もちろん中古車を購入する人も、できるだけ綺麗な車がいいでしょうからね。

それと、車内の臭いも気を付けた方がいいです。クリーニングしてもなかなか消えないような悪臭がする場合は、査定のマイナスポイントになってしまいます。エアコンからの嫌なにおい・タバコやペットの臭いなど、日頃から車内の臭気には気を配り、こまめなクリーニングを 心がけることが大切です。もし査定前に臭いが気になるようなら、脱臭剤や消臭剤、あるいは風通しをよくして、天日 干しするなどの対応策で、少しでも臭気を緩和するようにするといいです。

それと、車を売る時期です。中古車市場は日々価格が変動しつづけています。車種によって売れ筋のシーズンがあり、2~3週間で10~20万円の価格差が生じることもあります。特に夏と冬のボーナスシーズンは、需要が高まることから、売却するには狙い目の時期となります。

車を買い替えたい場合は早めに査定をしてもらった方が良いと思います。

車買い替えるときディーラー下取りをオススメしない理由

こんにちは、岡山の尾崎です。

岡山にはちょっと変わった交通ルールがあります。一般的な交通ルールの優先順は「歩行者→自転車→車」ですが、岡山市街では、「歩行者→自転車→路面電車→車」だったりします。大きい交差点で右折するときなど、前方や後方から近付く路面電車に配慮して運転しないといけませんから、岡山市街で車を運転するときは注意が必要です。

さて、車についてですが、車を売却するにはどうするか?ディーラー等の販売店での下取り、買取専門店での売却、メルカリやヤフオクの個人売買の売却などがあげられます。

ディーラー下取りは正直言って安すぎます。車を買い替える際にほとんどの方が下取りを利用して今の車を売るのですが、それは非常にもったいないです。次の車の購入と今乗っている愛車の売却が一気に出来て手続きが楽というメリットはありますが。

なぜディーラー下取りが安いかというと、まずは販売店は車の販売が専門で、買取に関しては詳しいノウハウを持っていなく、そもそも販売店にはプロの査定士がいない場合が多いからです。例えば、ディーラーの場合は純正品以外のオプションパーツにプラス査定をつけるのは難しいと言われています。一方買取専門店などは、中古車販売のルートが確立されている為、しっかりとオプションをプラス査定した上で金額を見積もりしてくれる事も良くあります。

あとは、中古車市場の動向が加味されにくいという点です。基本的に下取りした車の売却ルートが多くない事がほとんどです。その為、下取り車を高く買い取ってしまうと後々その買い取った車を高く売る事が出来ず、せっかく新車の購入などで利益が出ても、損失を被ってしまう可能性もあります。

あとは、値引き交渉材料としてわざと安く見積もるってところもあります。「新車の値引きは出来ないので下取り額を通常よりプラス査定します!」と言って、最初の下取り査定額から急に3万~5万値段をあげる場合があります。これは、ディーラーが頑張った訳ではなく、最初に下取り査定額をわざと安く見積もっておき、本来の買取相場の限界まで引き上げているだけなのです。よくある手法みたいですよ!

ということで、車を売るならディーラー下取りはオススメしません!

岡山から車のお話をします

はじめまして、岡山県岡山市在住の尾崎といいます。

41歳の4人家族です。嫁と子供2人の4人家族です。

仕事は岡崎県内の自動車学校の教習指導員です。教官ってなるのって意外と大変なんですよ。正式には、指定自動車教習所指導員という国家資格です。

一般的な流れは指定自動車教習所に入社して、そこで一定の養成を受け、都道府県公安委員会が行う審査を受けるという流れです。実際は21歳以上で公安委員会の実施する審査に合格すれば大丈夫ですが、その審査が厳しいです。

教則(運転免許を取るときに勉強した内容)、関係法令(自動車学校に関する法律や教習の決まりごと等)、運転技能(運転スキル)、技能教習方法(試験管の運転を指摘矯正する)、学科教習方法(指定された学科項目を実演する)、面接が主な審査内容です。

もちろんプライベートでも車を運転するのですが、やっぱり他の車の運転は気になりますね。特に気になるのは初心者マークや土日のわナンバーは要注意です。いつもより車間距離空けるか一気に追い抜きます。

あと、最近思うのはトヨタのアクアとかプリウスなどのハイブリッドカーも変な動きが多い印象です。燃費を気にしてなのかアクセルの踏み方に癖があるのかもしれません。

このサイトでは、車の運転のことや中古車や車買取のことなど書いていこうと思います。特に車買取なんかは、ちょうど今乗っている車を売却しようかと考えていたので。車買取するのも楽しいですよ。

一般的に車売るには、ディーラーの下取り、ガリバーやアップルなどの車買取店、一括査定サイト、ヤフオクやメルカリなどの個人売買。どの方法が一番高く車買取してもらえるかなど調べるのも楽しいです。調べた結果はこのサイトで公開していこうと思います。