車買い替えるときディーラー下取りをオススメしない理由

こんにちは、岡山の尾崎です。

岡山にはちょっと変わった交通ルールがあります。一般的な交通ルールの優先順は「歩行者→自転車→車」ですが、岡山市街では、「歩行者→自転車→路面電車→車」だったりします。大きい交差点で右折するときなど、前方や後方から近付く路面電車に配慮して運転しないといけませんから、岡山市街で車を運転するときは注意が必要です。

さて、車についてですが、車を売却するにはどうするか?ディーラー等の販売店での下取り、買取専門店での売却、メルカリやヤフオクの個人売買の売却などがあげられます。

ディーラー下取りは正直言って安すぎます。車を買い替える際にほとんどの方が下取りを利用して今の車を売るのですが、それは非常にもったいないです。次の車の購入と今乗っている愛車の売却が一気に出来て手続きが楽というメリットはありますが。

なぜディーラー下取りが安いかというと、まずは販売店は車の販売が専門で、買取に関しては詳しいノウハウを持っていなく、そもそも販売店にはプロの査定士がいない場合が多いからです。例えば、ディーラーの場合は純正品以外のオプションパーツにプラス査定をつけるのは難しいと言われています。一方買取専門店などは、中古車販売のルートが確立されている為、しっかりとオプションをプラス査定した上で金額を見積もりしてくれる事も良くあります。

あとは、中古車市場の動向が加味されにくいという点です。基本的に下取りした車の売却ルートが多くない事がほとんどです。その為、下取り車を高く買い取ってしまうと後々その買い取った車を高く売る事が出来ず、せっかく新車の購入などで利益が出ても、損失を被ってしまう可能性もあります。

あとは、値引き交渉材料としてわざと安く見積もるってところもあります。「新車の値引きは出来ないので下取り額を通常よりプラス査定します!」と言って、最初の下取り査定額から急に3万~5万値段をあげる場合があります。これは、ディーラーが頑張った訳ではなく、最初に下取り査定額をわざと安く見積もっておき、本来の買取相場の限界まで引き上げているだけなのです。よくある手法みたいですよ!

ということで、車を売るならディーラー下取りはオススメしません!